コンセプト的なもの

特にコンセプトを意識して作り始めたわけでなく、最強呪文 ティルトウェイト を
超えるスーパー呪文を連発し、敵をバッタバッタと薙ぎ倒す! 
『 はっはっは、見ろ敵がゴミのようだ! 』 というセリフを再現しよう的な軽いノリで
製作を始めましたw

一応、それまでに考えていたアイデアやネタを盛り込みつつ、気軽に楽しめる物を
ということで、全編を通して軽いノリで製作しております。強いて言えば─── 、

 

・お金のバランス

お金が余って使い道が無かった点が不満だったため、本作では終盤まで
お金が余るということは無いよう調整しています。
ただ、冒険者の構成や戦術、ドロップの運によってはこの限りではありません。

 

・戦闘の緊張感

一つは、耐性付きアイテムが出にくいということです。
よって、特殊攻撃を仕掛けてくる敵は、非常にやっかいで鬱陶しいです。

特に、クリティカルは顕著で、敵もボス級を含めクリティカル抵抗
を持たない者も多いです。
( 抵抗のある敵も、もちろんいるので注意 )
 

・迷うこと

迷宮に迷うという意味ではなく ( マップは単純です、多分 )、
いろいろな選択に迷うという意味です。

特に、装備品に関して、

  • コレもいいがアレもいい、どっちを装備しよう?
  • これはいいアイテムだ。誰に装備させるのが一番いいか?
  • 装備品が多すぎて、敵のドロップを持ち帰れない。どの装備を減らして枠を増やそうか?

  
というような感じでいろいろ悩んでいただければ、うまく作れたのかなぁ、
と思います。


また、職業選択、特に転職タイミングも悩ましいかと思います。

というのも、呪文書には装備制限 ( 職業 ) があり、また呪文書に
よるSP開放のため、未修得のまま転職すると、永遠に覚えられな
くなります。使わない呪文ならそれでもいいのですが、これは必須
という呪文に関しては注意が必要です。


本作は、盗賊がかなり使える職業になっていると思います。3部終
了までは、間違いなく戦力になると思います。

一般的には、盗賊 → 忍者 への転職かと思いますが、そのタイミ
ングもけっこう悩ましいのではと思います。

転職アイテムは全職種あります。忍者への転職は3種類あります。
 

・アイテム収集


良いアイテムは、基本通り強い敵ほど落とす確率が高くなります。
雑魚は落としません。

強い敵と死闘を演じ、なんとか勝利。そして宝箱の罠を解除・・・・・・。
何か変なアイテム拾った。鑑定してみると・・・・・・。いいアイテム、キター!!


見たいな感動? があるのが楽しいというか、wiz的な楽しみ方かなぁ、
と個人的には思います。

本作の特徴として、先頭に 『 頭 』 という文字がついた敵群が時々出現します。
この集団は強いです。そして、いいアイテムを落としますし、経験値も高めです。

この頭付き集団の中でも特に凶悪な集団が幾つかあって、その集団はその部
での最高ランクの宝を落とす可能性があります。

もし、運よく先制できれば、挑んでみるのみいいのでは?

 

・脳内設定

 これは、コンセプトとは関係なく、プレイヤーの皆様へのお願い的なものです。

 冒険者達は、旧王都出身者で、青い肌をしているという設定でお願いします。

  そういう前提で、NPCが話しかけてきたり、 物語が進みますので・・・・・・。

  また、世界背景として、科学技術が発展する一方、魔法技術は衰退してきています。
  科学技術のレベルは18世紀前後、産業革命前の技術レベル程度、とお考え下さい。

  そんな世界の辺境国家でのお話です。

  背景知識は、物語進行上なんら影響はありませんし、プレイヤーがその情報を知らなくてもまったく大丈夫です。 

  ただ、それを匂わすような会話が出てきますので、突然そんな会話が出てきても訳が分からないよ 、
  となると思いますで。一応、設定上そういう世界だとという話です。